うる覚え うろ覚え

「うる覚え」と「うろ覚え」どっちだっけな?
と、ど忘れすることはありませんか?

今回はこの「うる覚え」と「うろ覚え」の言葉のどちらが正しいのか、
また、意味が違うのかということについて紹介します。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

「うる覚え」と「うろ覚え」はどっちが正しいの?

「うる覚え」と「うろ覚え」はどちらが正しいのかというと「うろ覚え」です。

うろ覚えというのは「うろ」というのが、
「空・虚・洞」といったように曖昧な言葉を指しており、
曖昧な覚えとして「うろ覚え」という言葉が使われます。

また語源について、「武功夜話」という、
戦国時代から安土桃山時代ごろの本を修正した物があり、
そこに「うろんおぼえ」という言葉が出てきており、
この「うろん」というのは「胡乱」となります。

「胡乱」というのは「怪しげな」「曖昧な」といったような意味として扱われており、
そこから「うろ覚え」という言葉が来ているのではないかと言われています。

うろ覚えの意味とは?

うろ覚えの意味に関してですが、
上記でも紹介したように曖昧な覚えともなります。

またこれはぼんやりと覚えている状態、
知識が曖昧でどういった物なのか、
はっきりとわかっていない状態の事を指しています。

どういった時に使われるのかというと、
実態や中身を知らない人が表面だけを知っていて、
それに対して知っているような事を言っている時にうろ覚えとなります。

またうろ覚えになる状態というのは、
時が経ち最初は覚えていたとしても、
徐々に記憶が薄れていった時に、
若干覚えているがはっきりわかっていない状態になることです。

スポンサードリンク

うる覚えとうろ覚えの意味の違いはあるの?

うる覚えとうろ覚えの意味の違いに関してですが、
はっきり言って両方の意味は同じです。

ただ日本語として間違っていると言えるのが「うる覚え」だと言えます。

「うる覚え」というのは上記でも紹介したように間違いなので、
実際には意味を成さない言葉だと言えます。

この2つの言葉は似ていて大体はわかっているかもしれませんが、
言葉としては間違っています。

なので今後、「うる覚え」と使っている人がいた場合は、
間違いだと指摘をしてあげてください。
日本語として直してあげる必要があります。

うろ覚え うる覚え どっち

何故うる覚えとなったのか?

どうしてうろ覚えではなくうる覚えと言う言葉が出てきたのでしょうか。

その理由としていくつかの仮説が挙げられます。
まず1つ目に挙げられるのが、
地方の方言によって「うる覚え」という言葉が出てきたのではないか、
と言われています。

本来は「うろ覚え」という言葉が使われてきましたが、
「うろ」という言葉が地方の訛りによって、
「うる」と聞こえたことにより、
「うる覚え」という言葉が広まってきたのではないか、
と言われています。

2つ目は「うろ覚え」という言葉を曖昧にしか覚えておらず、
「うろ覚え」か「うる覚え」のどちらでも良いと思った人が、
うる覚えといったのではないかという説があります。

確かに「うろ覚え」という言葉は私生活ではあまり使わないため、
実際に間違ってしまう人が多いのもわかります。

3つ目の仮説はうろ覚えとうる覚えの「ろ」と「る」を間違えた説です。

確かにろとるは似ている事もあり、
文字にしたとしてもわかりにくい部分があります。

上記のような3つの仮説によって、
「うる覚え」という言葉が世の中に出てきてしまったのではないかと思われます。

まとめ

いかがでしたか?

うる覚えとうろ覚えの意味の違いや、
語源の成り立ちについて紹介しました。

間違い易い言葉なので、
ビジネスのシーンなどでは注意したいですよね。

以上、
うる覚えとうろ覚えどっち?意味は違うのか?
でした。

Pocket
LINEで送る