person-1207546_960_720
紫外線が気になる季節。
この時期は、CMなどで美白美容液をたくさん見かけますよね。

 

美白美容液といっても、
安いものから高価なものまで様々で、
高いものだと10,000円を超えるものもあります。

でも、10,000円を超えるものって中々手が出せないですよね?

 

ドラッグストアで買えるような、
手頃な値段で買いたいもの。

でも、安いものって本当に効果があるの?

と思われると思います。

 

そこで今回は、
「ドラッグストアで買える美白美容液」
をテーマに、
ドラッグストアに売っている美白美容液について、
選ぶ際のポイントや、オススメの美容液を紹介します。

スポンサードリンク

美白美容液を選ぶポイントとは?

美白美容液を選ぶポイントは、
「自分が必要としている成分が入っているかどうか」
です。

 

自分が必要としている成分というのは、
3つに分類することができます。

自分がどの分類に当てはまるかによって、
必要な成分が変わるので、
今自分はどの分類なのかを把握することが必要です。

 

<3つの分類>

1.メラニンを作らせない(予防)
2.出来たメラニンを肌に蓄積させない(予防)
3.出来たメラニンを還元して、色を薄くする(改善)

 

どの分類にも「メラニン」がキーワードに入っています。

このメラニンとは何なのかというと、
本来の作用は、肌を刺激から守るものです。

 

作られたメラニンは、
紫外線や摩擦から肌を守りますが、
だいたい1ヶ月に一度、
角質になって肌から剥がれ落ちていきます。

 

このサイクルを「ターンオーバー」といいます。
言葉自体はよく耳にしますよね♪

でも、

肌ストレスなどが増えると、
メラニンが過剰に作られてしまい、
肌にどんどん蓄積されていきます。

 

その結果、シミや黒ずみが出来てしまうという事態に。。。

 

だから、
今の自分の肌の状態から、
メラニンを予防したいのか、
改善したいのかを、判断する必要があるわけです。

 

では、各分類で、
効果がある成分について解説していきます。

1.メラニンを作らせない(予防)

まずは、シミの原因のメラニンを作らせないことが大切です。
メラニンを作らせない為に効果的な成分はこちらです。

カモミラET/トラネキサム酸

 

2.出来たメラニンを肌に蓄積させない(予防)

次に、メラニンが出来てしまっても、
肌に蓄積させないことが大切です。

その為に必要な成分がこちらです。

アルブチン/ルシノール/コウジ酸/
エラグ酸/ハイドロキノン/リノール酸/
ブラセンタエキス/ビタミンC誘導体/

 

3.出来たメラニンを還元して、色を薄くする(改善)

メラニンが蓄積してしまった場合は、
メラニン色素を薄くすることで改善出来ます。

その為に必要な成分がこちらです。

エナジーシグナルAMP/ビタミンC誘導体/ハイドロキノン

スポンサードリンク

ドラッグストアで買える美白美容液のオススメとは?

必要な成分について紹介しましたが、
ドラッグストアで買えるもので、
良いものはあるんでしょうか?

オススメを集めましたので紹介します!

◆肌研(ハダラボ) 白滴 美白の一滴

アルブチンと直接型ビタミンC誘導体を配合した薬用美容液。
肌にうるおいを与え、肌を柔らかくします。

価格も1,580円なので、かなり手頃です♪

 

◆ソフィーナ ボーテ

カモミラETが配合されており、
シミ・そばかすの予防に効果的です。

価格も2,585円なので、こちらも手頃です。

 

まとめ

model-429733_960_720

いかがでしたか?

美白美容液の選び方と、
ドラッグストアで買える商品を紹介しました。

大切なのは、
自分の肌と向き合い、
今肌に必要な成分は何なのか?
を知ることです。

紫外線が強い季節。
是非透き通った白い肌を手に入れてくださいね。

以上、
ドラックストアで買える美白美容液!オススメはこれ!
でした。

Pocket
LINEで送る