柚子風呂 ヒリヒリ 効能

冬至が来たら柚子風呂に入ったりしませんか?
今回紹介させていただくのは「柚子風呂の効能や入浴方法」についてです。

・柚子風呂に入った時の効能は?
・柚子風呂の入浴方法は?
・柚子風呂に入るとヒリヒリするのはなぜ?
について紹介しますので是非ご覧ください。

スポンサードリンク

柚子風呂とは?

柚子風呂とはその名の通り、
柚子をお風呂の中に入れて入ります。

柚子風呂に入る日は「冬至の日」です。
昼がいちばん短く、夜が長い日として有名な日なのが冬至ですが、
柚子風呂に入るというのが昔からの習慣としてありました。

冬至に入ると、1年間風邪を引かないと言われています。

柚子風呂の効能とは?

血行が良くなり、冷え性を改善!

柚子には「リモネン」と「βカロチン」という成分が含まれています。

これには新陳代謝を活発にする効果があり、
お風呂に入れることによって血行を良くする効果があります。

またお風呂に入れることにより、
冷え性」や「腰痛」などを改善させることができると言われています。

また上記で紹介させて頂いた「βカロチン」には、
肌から出る水分を逃さないように膜を作る役目があり、
保湿効果を得ることが出来ます。

柚子風呂 冷え性 改善

柑橘系の香りでリラックス効果!

柚子に含まれている「ピネン」と「シトラール」は、
リラックス効果」あります。

この「ピネン」と「シトラール」の効果により、
柑橘系特有の香りとリラックス効果を生み出しています。

普段の生活でストレスが溜まりがちですが、
お風呂に入る時くらい、日々のストレスを忘れてリラックスしたいですね。

柚子風呂 リラックス

抗癌作用やアトピー性皮膚炎の改善

種に含まれる油には、抗癌作用アトピー性皮膚炎に効く成分が含まれています。

冬至は暦の上では冬に入ることです。

柚子風呂に入るということは、本格的に冬に入る前に体に免疫を蓄えて、
風邪を引かないようにするという「準備」なんですね。

1年間風邪を引かないと言われているのも、
こういった効能が由来ではないかと思います。

スポンサードリンク

柚子風呂の入浴方法とは?

柚子風呂の入浴方法は2種類の方法があります。
柚子を丸ごと入れる方法と輪切りにして入れる方法です。

輪切りにすると、種の成分がお湯に溶け込むので、
抗がん作用やアトピー性皮膚炎の改善には効果的です。

ただし、この2つの方法に関して言えることは、
ネットに入れてからお風呂に入れた方が良いです。

柚子風呂 ネット

輪切りの場合だと詰まってしまう可能性があり、
丸ごと入れる場合は片付けが面倒だということがあるからです。

柚子風呂に適している温度は39、40度です。

柚子を入れすぎてしまうと、
温度が下がってしまうということもありますので、
自分が入りやすい温度で尚且つ適量にすることが大事になってきます。

また輪切りの場合、 顔パックとしての効果もあるため、
肌に影響が無ければつけることも良いです。

お風呂にあまり長く入らない人も柚子風呂は、
長く浸かることによって効果を得ることができますので、
是非試してください。

万が一お風呂の故障が不安になる場合は、
柚子風呂を片付けた後に一度お風呂を入れなおしてみてください。

もしそこで問題が無ければ、
異常なく使用をすることができます、

柚子風呂は効果があるものですが、
肌に影響を与える物なので、注意をしながらお風呂に浸かるようにしてください。

柚子風呂に入るとヒリヒリする理由は?

柚子風呂 ヒリヒリ

柚子風呂に入った時に、なぜヒリヒリするのかというと、
その理由は柚子には皮膚を被れさせてしまう効果があるからです。

皮膚が弱い方は、ヒリヒリしてしまうということです。
あまりにヒリヒリする場合、柚子の量を減らしたり、
入浴時間を短くするなどで対策してくださいね。

柚子風呂に入ることは冬支度!

いかがでしたか?

柚子風呂は、昔からの習慣として入る意外にも、
美容効果が高いのでおすすめです。

冬に風邪を引かないように、
体に免疫を蓄えたいですね!

以上、
柚子風呂でヒリヒリ?効能や入浴方法は?
でした。

Pocket
LINEで送る