河口湖は富士五湖の一つで、紅葉まつりが有名です。
中でも、もみじ回廊は非常に綺麗で、
毎年多くの人が訪問します。

紅葉まつり2017も混雑は必死です。

そこで今回は、
・河口湖紅葉まつり2017の時期や見どころ
・河口湖紅葉まつりの混雑や会場のアクセス
について紹介します。

スポンサードリンク

河口湖紅葉回廊とは?

もみじ回廊と呼ばれる場所は、

河口湖の河口にあります。

もみじ回廊は河口北岸に約150mにわたって続いており、
そこには古木のもみじが60本ほど並んで生えています。

左右に紅葉の並木道が出来ており、
その間を歩くため空間は紅葉で包まれます。

それは紅葉で作られた回廊と表現され、
美しい光景を作り上げてくれます。

河口湖紅葉まつり2017の見ごろ

もみじ回廊の見ごろは11月上旬です。

紅葉樹種はイロハモミジとされ、
燃えるような赤い回廊を作り上げます。

紅葉シーズンではライトアップもされ、
2017年では11月1日~11月23日に行われる予定です。

夜の暗闇の中照らされたもみじ回廊は、
昼とは全く異なる景色を見せてくれます。

また富士山との相性も非常によく
昼も夜も異なる楽しみを見せてくれます。

もみじ回廊付近の街道や回廊の中は適切に整備されています。
そのため車いすやベビーカーで来られても安心して楽しむことが出来ます。

そんな、もみじ回廊がある河口湖では紅葉まつりがあります。
紅葉祭りは毎年川口湖畔川口梨川周辺で行われています。

開催期間は紅葉回廊のライトアップと同じ11月1日~11月23日です。
開催時間は9時~19時まで(ライトアップは20時まで)とされています。

河口湖紅葉まつり2017の見どころ

大石公園内から紅葉と富士山を見ることが出来ます。

公園のため休憩しつつ落ち着いて景観を楽しむことが出来ます。
紅葉まつりの間は美しい紅葉に加えて、
山梨の地元の特産品お土産店農産物などのお店がたくさん出店しています。

◆クラフト市で買い物

クラフト市も行われているため、
毎年多くの人が訪れていろんな商品を購入していきます。
店によっては完売する店もあります。

◆自然生活館でいろんな体験

また近くには河口湖自然生活館があります。
ここは大石公園内にあり、手作りジャム体験教室、
他にも山梨県ならではの様々な体験・経験をすることが出来ます。

また果物狩りが出来、それをお土産にする人も多く、
毎年多くの人が訪れています。

◆第9回Mt.Fuji河口湖ジャズフェスティバル

2017年の11月3日~11月5日河口湖円形ホールにて、
第9回Mt.Fuji河口湖ジャズフェスティバルが行われます。

また、11月11日土曜日、山梨県富士河口湖町勝山の『勝山公民館』にて、

「ライトダウンやまなし2017【星の輝きにふれる集い in 富士北麓】」のライトダウンイベントが開催されます。

美しい富士山と河口湖、
そして透き通った夜空と空気の中、
ジャズや星を感じることが出来ます。

そして

他にも西湖いやしの里があり、
茅葺屋根の集落と言われています。

そこではつるし雛つくり、
紙漉きといった歴史ある伝統的技術を体験することが出来ます。

実際にそれを目当てに来る方も多いため、
紅葉と歴史に触れることもできます。

スポンサードリンク

河口湖の場所とアクセス・渋滞について

河口湖のアクセス

河口湖のアクセスの方法は複数あります。

■車でのアクセス
・東京方面からのアクセス
中央自動車道河口湖IC
→東名高速御殿場ICから東富士五湖有料道路経由
→東名高速富士ICから西富士道路経由

・関西・中京方面から車でのアクセス
→大阪・名古屋より小牧ICに入り中央自動車道を移動。一宮・御坂ICより 国道137号線経由
→大阪・名古屋より御殿場ICに入り国道138号線を走り須走ICにて国道138号線or東富士五湖道路を通り山中湖IC
→大阪・名古屋より富士ICに入り西富士道路・バイパス・国道139号線を走り白糸の滝

電車・バスで河口湖駅までのアクセス

■電車でのアクセス
→新宿駅よりJR中央本線にて大月駅に着く。富士急行線に乗り河口湖駅到着
→新宿駅よりJR中央本線~富士急行線に乗車し河口湖駅到着
・高速バスでのアクセス
→新宿駅から中央高速バス乗車(予約制)
・路線バスでのアクセス
→JR新幹線新富士駅・三島駅より富士急行バスに乗車。
主な方法としては以上となります。

どの方法でもアクセスは可能ですが、
公共交通機関でのアクセスが推奨されています。

アクセスはしやすいですが、
移動距離が長いため多くの方が集中してしまうことがあり、
渋滞を引き起こしてしまいます。

特に紅葉シーズンは景観もより美しくなるため人口が増えてしまいます。
渋滞を避けるためにも公共交通機関でのアクセスが推奨されています。

河口湖周辺の駐車場は?

駐車場については河口湖周辺にいくつもあり、
駐車場台数も料金も各駐車場によって異なります。

1)大池公園駐車場

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町小立1221
料金:無料
収容可能台数:1000台

2)タイムズ河口湖駅前

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津3683
駐車場料金:8時~22時は30分ごとに200円・22時~8時は一時間100円
最大料金:600円
駐車可能台数:23台

3)河口湖ショッピングセンターベル駐車場

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津2986
駐車場料金:ショッピングセンター利用者は無料
収容台数:地上は500台・地下は150台

4)県営船津浜駐車場

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津
料金:無料
収容台数:隣接する県営平浜駐車場と合わせると250台程度
特徴:湖沿いに作られており、周囲に土産屋や旅館なども多く利便性が高いです。

5)河口湖無料駐車場

住所:山梨県浅川富士河口湖町南都留郡
料金:無料
収容台数:70台
特徴:アクセスしやすくトイレも完備されているため利用率は高いです。

補足:道路のスペースを利用して作られた駐車スペースのため無料であり明確な名称・住所もありません。

駐車場については他にも数多くあります。
他の紅葉スポットの駐車場と比べて、
無料で利用できる駐車場が多く収容台数も多いです。

しかしそれでも毎年紅葉シーズンになると、
ほとんどの駐車場は埋まってしまいます

また多くの方が車出来てしまうため、
渋滞を引き起こしてしまいます。

そのため渋滞を避けることと、
スムーズな駐車と時間の確保のためにも、
車で来る際は早めの時間に到着しておくほうが良いです。

そして余裕をもって駐車場を確保しておく方がおすすめです。

河口湖紅葉まつり周辺の飲食店

周辺には飲食店も多く、
おすすめは名物ほうとう不動河口湖駅前店です。

うどんとそばが有名で、
控えめな味付けと山梨名物で作られているため、
その土地の味を味わうことが出来ます。

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町船津3631−2
営業時間:11:00~19:00

ほうとう不動河口湖駅前店の食べログはこちら

河口湖紅葉まつりは紅葉以外にも楽しめるお祭り!

河口湖は富士五湖の一つであり富士山を美しく水面に移している有名な湖です。
そして紅葉シーズンにはより美しい光景を生み出してくれます。

加えてイベントや体験コーナー・お土産など十分に楽しむことが出来る空間があります。
そのため毎年多くの方が訪れて紅葉を楽しまれています。

Pocket
LINEで送る