叶姉妹の収入源は何だろう?と思ったことはありませんか?
叶姉妹はテレビでいつも豪華な出で立ちで登場します。

しかし、テレビのギャラだけではあのように振舞うことはできないでしょう。
噂ではコールガールなどで収入を得ているとありますが、本当でしょうか?

叶姉妹の正体や、収入源真実は気になりますよね。

そこで今回は、
「叶姉妹の収入はコールガール?収入源や正体の真実の噂は?」
をテーマに、

・叶姉妹の収入源は何なのか?
・叶姉妹の収入源の正体は?噂の真相は?
など、どうやってお金を手に入れているかを明らかにしていこうと思います。

スポンサードリンク

叶姉妹の収入源に関する噂

会社を経営する父親が超大金持ちだとか、元彼から貢いでもらった、宝石や時計に関する会社を経営している、海外の資産家から金品を頂いているなどなど。

このようながネットに飛び交っております。
しかし、どれも確証のないもので噂の一つ一つを信じることはできません。

例えば父親が娘にお金をせびりに来るといった噂を反証する事例も存在します。
父親が大金持ちであればこのようなことはないですよね。
なので、殆どの噂は噂でしかないということです。

しかし、火のないところに煙はたたないといいますし、少なからずとも似たような物事があり、大なり小なり金品を手に入れているのは間違いないようです。
一つ一つの収入が多いだけにお金に困ることがないのも頷けます。

ならばどうしてこのようにお金を手に入れる機会があるのでしょうか?
まずは叶姉妹の経歴をを調べてみましょう。

叶姉妹のwiki風プロフィール

では簡単に叶姉妹のプロフィールを紹介します。

叶 恭子(かのう きょうこ)
1962年10月7日生まれ、身長168cm、血液型はO型。出身は大阪府。
本名は小山 恭子、タレント活動の初期は杉本エルザと名乗っていた。

1984年に「平凡パンチ別冊」の9月号においてセミヌードを公開していた。
1999年に写真集「蜜の味―ミレニアム・ミューズ」を出版。
叶姉妹の姉。「美香に厳しく、美香がいなくなると困ってしまう」という。

自宅では全裸で生活しているらしく、帰宅してから順に服を脱いでいるためにリビングや自室には服が点在している。
美香さんの帰宅後の最初の家事はそのお片付け。

叶 美香(かのう みか)
1967年9月23日生まれ、身長170cm、血液型はO型。出身は愛媛県
本名は玉井 美香。タレント初期は玉乃 ヒカリと名乗っていた。
1988年にミス日本グランプリを獲得。

保母と教員の免許を所持している。
姉の奔放な振る舞いをフォローするしっかり者の妹。
叶姉妹での出演だけではなく、単独でのテレビ番組への出演も多い。

ゴルフが得意で芸能人ゴルフコンペに出場している。
華やかなゴルフウェアはマスコミにも注目されている。

このプロフィールの出身地などを見てもわかるとは思いますが、二人は実の姉妹ではないのです。
生き別れのとかでもなく赤の他人です。

叶姉妹」は芸能活動する上でのユニット名なのです。
出会いは、若いころに二人がミスコン常連の出場者だったことがきっかけのようです。

結成当時は恭子さんの実の妹さんを含めて3人で活動していたようですが、結婚を機に脱退されたとのことです。

その妹さんは2000年には離婚していたり、その後に再婚したようですがまた離婚しているそうです。
たまに彼女の話が話題にあがることもあるようです。

職業はと聞かれると「トータルビューティーアドバイザー」や「トータルライフアドバイザー」と返ってきます。
本人曰く、普段の過ごし方や行動を叶姉妹らしくするものであるようです。

テレビ番組への出演も多いですが、ロサンゼルスのアカデミー賞やカンヌ映画祭、映画のプレミアム試写会には、日本人で最も多く招待されているようです。
華やかな場が似合う二人にはもってこいの現場なのでしょう。

叶姉妹がよく知られるようになったのは1990年代の半ば頃から。
女性向けのファッション誌で読者モデルとして登場。

また、ワイドショー「スーパーワイド」、「ジャスト」のコーナー「辛口ピーコのファッションチェック」において、たびたび取り上げられて、「美は一日にして成らず」というコーナーを担当したようです。

こうして今では多くいるセレブタレントたちのパイオニアである叶姉妹が、芸能界を騒がせるようになったのです。

ここで一つの疑問が浮かび上がります。
叶姉妹はこういった芸能活動で売れる前からすでに多額の資金を保持していたようなのです。

それがなぜなのか?

それについて調べていきましょう。

スポンサードリンク

叶姉妹の収入源!もともとはコールガールだった?

この噂もよく世間に広がっています。
コールガールとはいわいる娼婦という意味であります。
ただそれだけでは大きな資産を手にすることありませんが、相手していたのは国内外のVIP

そういった女性たちのことは高級コールガールと呼ぶそうです。
実際に存在するお仕事のようですが、叶姉妹がそれに関わっていたかについて確証はないようです。
あの出で立ちでお金を持っているとなると誰もがこのようなことを思いついてしまうでしょうから、あまり鵜呑みにするこはできません。

しかし、叶姉妹について、本物のセレブであるデビィ夫人
「あなたたちは本来テレビに出られる人ではない」
と言った発言があって、余計に信憑性が増しています。

これがコールガールだったことを揶揄している発言であるとみられていていますが、これも確かな根拠を持ってのコメントであったかは疑わしいようです。

デビィ夫人の特殊な情報網によって出てきた言葉なのか、それとも噂を信じてしまったデビィ夫人のひょんなコメントであるかは定かではないのです。

政財界の大物たちとの交流があるのもこのコールガール時代に培われたものであると言われていますが、芸能活動の途上で知り合う機会がなかったとも言えず、あの容姿はコールガールに限らずに価値ある使い道があったと思われます。

華やかなパーティーの席では豪華な二人を連れ歩くだけでも、人付き合いを円滑にしてくれるでしょう。

いずれにしても、何らかの仕事によって、政財界の大物たちと知り合い、それらの人脈を駆使していれば、金品を手に入れる機会はあるのでしょう。
そういったものによって、11億円の衣装を着てテレビに出演するといった驚きの行動を可能としているようです。

叶姉妹の収入源!NTTドコモへの投資で安定した資金を得ている?

まだ携帯電話が普及する前にNTTの研究や開発のための資金提供を行い、事業が発展すれば投資した人への配当金が入るという制度がありました。
この制度はマルチレベルマーケティングと呼ばれるものだそうです。

一口1000万となるこの投資を叶姉妹の祖父が行っていて、今では月に6000万円、年間に7億2000万の収入を得ていると言われています。
このマルチレベルマーケティングには多くの芸能人が参加しているようです。

例えば大橋巨泉さんはこの投資によって月に6億円の収入得ていて、税金対策の為か現在は海外移住していました。
所ジョージさんは月に2億円の収入を得ていて、それらの資金を不動産に変えているようです。

このような多額の定期収入があればもう働かなくてもいいでしょう。
しかし、叶姉妹の求める美はこの収入だけでは保たれないようです。
さらなる収入が必要ととなります。

叶姉妹の収入源は広告塔?

テレビ出演よりもCM出演の方がおいしいとタレントたちがよくテレビでコメントしています。
それは金銭的にも知名度的にもいい影響を与えるからです。

つまり、多くのCM出演をしていれば将来的にも収入UPとなるのです。

叶姉妹にいたってはCM出演のみならず、その装いからしてすでに広告となっています。
テレビ出演時に着ている衣装はもちろん自前であるときもありますが、様々なスポンサーからの貸し出しであることも多いそうです。

よく毎回違うゴージャスな衣装を着ていられるな~と思っていましたが、そういう事情があったようです。
あれだけ自然に着こなせるならば、多くの会社からオファーが来ることでしょう。
しかし、そのオファーをするためにはそれなりのお金が必要で、断念することも多いとのこと。

こういう噂から実はセレブキャラを演じているだけではないのか?

という疑問が囁かれますが、それだけでは40代、50代である彼女たちのあの容姿を保つことは無理でしょう。
叶姉妹の生活にはセレブでなければ有り得ないほどのお金がかかっているのです。

叶姉妹の収入源の噂!男性からの貢物で大きな収入を得ている?

なんともバブリーな噂ですが、こういった機会も多かれ少なかれあるようです。
特に大きなもので言うと、石油王とお見合いし10億円もらうなどの噂が存在します。

実際に結婚することはなかったようですが、10億を軽く出してしまえるような男性たちの近くにいたなら、その他にもお金を得る機会はありそうです。

前述したコールガール疑惑が囁かれている時代に知り合った石油王や財政界の大物たちから、そういったものを受け取るという話はほぼ間違いなくあったと思われます。
なので一つ一つの噂の真偽はともかくこういったことはたびたびあったでしょう。

叶姉妹の美に見惚れているなら、それらを維持するという名目だけでもスポンサーは付きそうなものです。
それこそ男性に限らず女性からも援助があってもおかしくはないでしょう。

スポンサードリンク

結局のところ、叶姉妹の収入源はなに?

これはこれまでに述べた全ての事項であると言えます。
定期的な権利収入を基盤に自身の美を磨き、お金持ちたちの世界へと飛び込み人脈を得て、さらなる資金を手に入れているのでしょう。

それだけにとどまらずテレビ出演のギャラに広告塔としての収入もあるのですからお金はホイホイ舞い込んでくることでしょう。
もちろん、美の追求のために、自身の人生のためにホイホイ使っているので叶姉妹を見掛けなくなることもないと思いますが。

お金があるところにはお金が舞い込んでくる。
美人はそれだけもお得。
そういった言葉で言い表されるような少々わかりづらい収入によって叶姉妹の豪華さは保たれているのでしょう。

叶姉妹がコミケに参加!さらなる収入!

タレント活動だけでは飽き足らず、コミケにも参加しているようです。
もともと、マンガやアニメに理解があったようで、それを知った人々からコミックマーケットにちなんだ情報が寄せられたことによって、興味を示すようになったみたいです。

仕事としても2003年の「わがまま☆フェアリー ミルモでポン!ごおるでん」にて声優に初挑戦しており、その後も2008年に「ヤッターマン」に実名のゲストキャラクターとして出演していたりしています。

2016年12月に会場に行った叶姉妹はコミケの独特な雰囲気を体感すると「自分たちもサークル参加をしてみたい」と言われたそうです。
それをきっかけに2017年の夏に開催の「コミケ92」に申し込み、ブログの読者からの意見をふまえながら見事に合格し、出展することになりました。

サークル名は「ファビュラス叶組」、「プレシャスM組」。当日はグッズの物販は専属のスタッフに一任して、叶姉妹は特別に製作した名刺を来客した人々の一人一人に手渡して声を掛けることに専念していたようです。

その活動のためか同人誌などを販売している「とらのあな」の新CMに起用されることに。

このことから、コミケ参加は宣伝・プロモーションだったのではないか?
という疑惑を呼ぶことに。

本当にこういう話題が尽きないお二人です。
純粋に楽しんだ結果、高い知名度からこういうことになるのは当然なのではないでしょか?

叶姉妹のブログにも「事実無根」と否定しているので、そこまでは考えていなかったのでしょう。

しかし、お仕事になっている以上はしっかりと収入を得たのは間違いないでしょう。
こういった経緯からも仕事が勝手に舞い込んで来る叶姉妹がお金を持っていないはずがないです。

叶姉妹はお金に愛されている

当初からお金に困らない生活を送っていたであろう叶姉妹は、自身の美に対する意識と様々なことにチャレンジする心持ちとバイタリティーを兼ね備えていたために、一般人とは違う路線を歩まれていたのでしょう。

そういった人材にはしっかりとした需要があり、仕事も寄ってくれば、男も寄ってくるようですね。
そんな彼女たちに憧れる女性も多く、それらも叶姉妹を支える大黒柱になっているのでしょう。

様々な揶揄や噂が囁かれながらも彼女たちがテレビに出続けるのは、ライフスタイルの一環、自身の宣伝であるでしょう。
しかし、それが多くの女性に勇気を与えており、画面を豪華に彩っているので幸せな気分にもさせてくれています。

さらには、ワイドショーに新鮮な話題を提供してくれるという、芸能界にとっても必要な人材です。
これからも、セレブタレントとして頑張っていただければと思います。

Pocket
LINEで送る