森三中 仲良しの秘けつ

が素敵と話題になっています。

森三中といえば、テレビに引っ張りだこの人気女芸人ですが、仲良しの秘けつについて語っています。

スポンサードリンク

森三中 仲良しの秘けつ!お互いを思いやる

森三中の黒沢さんが語る仲良しの秘けつは、「お互いを思いやる」ということだそう。

自分一人では何もできない為、お互いを思いやることが仲良しの秘けつとのこと。
トリオでやっているからこそ、それぞれが個人で全部やるわけではなく、
お互いが助け合うことで信頼関係が築ける。

森三中といえば、「世界の果てまでイッテQ」で、
温泉同行会の企画で体を張っていることが多いです。

氷の張った湖で泳いだり、バンジージャンプなどの絶叫アトラクションなど、
体を張っている印象です。

中でも大島さんが体を張っていることが多いのではないかと思います。
でも、スタジオトークでは、三人でフォローしあって話している印象を持ちますので、
こういったところで、トリオの中の良さや信頼関係が垣間見れる気がします。

また、森三中はデビューしたての頃、「電波少年」の15少女漂流記に出演しており、それがきっかけで、大島と村上はテレビの露出が増えブレークしましたが、黒沢さんはピンの仕事は他の2人ほど多くなかったよう。

そういった苦楽を経験しているからこそ、お互いを思いやることができるのではないかと思います。

スポンサードリンク

森三中 仲良しの秘けつ!短所を笑ってあげる

森三中 仲良しの秘けつ
森三中の大島さんが言うには、仲良しの秘けつは短所を笑ってあげることが大切とのこと。

村上さんも賛同し、

「短所が長所になったりするじゃないですか。だから短所を怒るのではなく、笑ってあげる」

ことが大切なのだとか。

確かにテレビを見ていても、メンバーが失敗しても笑って許している印象です。

黒沢さんも

「短所も個性ですからね」

と頷いていたとか。

まとめ

森三中の仲良しの秘けつについて紹介しました。

今後のますますの活躍が楽しみです。

Pocket
LINEで送る