ニホンカワウソ 似た足跡

ニホンカワウソ似た足跡が発見されました。

ニホンカワウソは2012年に絶滅したと発表されているので、本物であれば大発見です。

そこで今回は、
・ニホンカワウソの似た足跡の目撃情報の詳細
・ニホンカワウソの似た足跡発見でネットの反応は?

について紹介します。

スポンサードリンク

ニホンカワウソの似た足跡の目撃情報の詳細は?

ニホンカワウソ 似た足跡

4月7日に栃木県の那須でニホンカワウソの足跡が発見されました。

地元の町民有志でつくる「なす魚類調査クラブ」が発見しています。
昨年は8月に1件、10月に2件の目撃情報があり、専門家から「本物では無いか」という筋もあります。

ニホンカワウソはイタチ科の哺乳類で、以前は北海道から九州の水辺に生息していた。しかし、乱獲や環境の変化などで個体数が減少し、環境省が2012年に公表したレッドリストで「絶滅種」と位置づけた。

ちなみに、シンガポールではカワウソはペットとして飼われていますが、品種は「コツメカワウソ」です。

他にも、ユーラシアカワウソなどの種類がありますが、ニホンカワウソはユーラシアカワウソの亜種になります。

スポンサードリンク

ニホンカワウソ 似た足跡!ネットの反応は?

ニホンカワウソの似た足跡の発見を受け、ネットの反応を集めてみました。

まとめ

いかがでしたか?
ニホンカワウソ 似た足跡について、詳細情報やネットの反応を紹介しました。

絶滅種とされているニホンカワウソですが、もしかしたら日本で最後の1匹かもしれません。

発見して保護活動につながればいいですね。

Pocket
LINEで送る