比嘉大吾 王座剥奪
WBCボクシングフライ級比嘉大吾が減量失敗で王座剥奪となりました。

減量失敗で王座が剥奪された例は初めてです。

・減量失敗で王座剥奪された場合、罰則はあるのでしょうか?
・また、比嘉大吾の今後はどうなるのでしょうか?

調べてみました。

スポンサードリンク

比嘉大吾 王座剥奪!罰則は?

比嘉大吾が王座剥奪になり、罰則はあるのでしょうか?

まず、ことの経緯は下記の通りです。

15日に神奈川・横浜アリーナで行われるプロボクシング・ダブル世界戦の前日計量が14日、都内で行われ、WBC世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチで3度目の防衛戦に臨む王者・比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=が、フライ級リミットの50・8キロを900グラム超過し、王座を剥奪された。

挑戦者の同級2位クリストファーロサレス(23)=ニカラグア=は、300グラムアンダーの50・5キロで一発パスした。国内の世界戦で王者、挑戦者を含め、日本人選手が体重超過を犯した例はなく、前代未聞の大失態となった。

比嘉は午後1時から行われた本計量で900グラムを超過。2時間の制限時間が設けられたが、再計量の約30分前に陣営の具志堅用高会長だけが計量会場に戻り、日本ボクシングコミッション(JBC)にギブアップを報告した。

具志堅会長は「本当に申し訳ございませんでした。やっちゃいけないことをした。

選手を信用していたが、まさか!?という思い」と頭を下げて謝罪。比嘉が試合を行うかどうかについては「今晩、(比嘉と)相談して決めたい」と話した。

WBCルールで王座を剥奪された時点でタイトルは空位。

試合が成立した場合、挑戦者のロサレスが勝てば新王者となり、比嘉が出場し勝った場合は空位となる。比嘉本人は出場する意思を示しており、JBCでは当日計量で超過体重の制限を設けるなどの措置を取る。

国内の世界戦で体重超過で王座を剥奪された例は、3月の世界バンタム級タイトルマッチ以来。
元同級王者・山中慎介(35)=帝拳=に勝利したルイス・ネリ(23)=メキシコ=が前日計量1回目で2・3キロ超過、再計量も1・3キロの超過を犯し王座を剥奪された。WBCではネリを無期限資格停止にすると発表していた。

まず、罰則についてですがプロボクシングのルールでは、以下のようになっています。

計量時刻までに体重を落とせなかった場合には数時間の猶予が与えられ再計量となるが、再計量までにも体重を落とせなかった場合でも興行の成立を優先させる都合のため選手間の協議により罰金(ファイトマネー没収など)が科された上で制限体重が変更され試合が行われることが多く、試合が中止されることは余程の超過や悪質なものなどでない限りほぼ無い。

ただし、今回のような世界タイトル戦の場合は、特別ルールが敷かれています。

王者が体重超過した場合は王座を剥奪され、挑戦者が勝利した場合のみ王座が認定される変則ルールが敷かれる。挑戦者が体重超過した場合には挑戦権を剥奪され、王者が勝利した場合のみ防衛が認められる変則ルールが敷かれるか、ノンタイトル戦として行われる。

比嘉大吾は王者なので、ルールに基づくと、
・比嘉大吾の試合は実施される可能性が高い
・ただし、ファイトマネーは没収される
・比嘉大吾が勝利しても王座は剥奪されたままだが、挑戦者のクリストファー・ロサレスが勝利すれば、クリストファー・ロサレスが王者となる

となります。

直近の事例では、2018年3月1日に、ルイス・ネリー対山中慎介の試合で、ネリーが体重超過しており無期限資格停止の処分が科せられていますが、
あれは、かなり悪質だと認められた場合で、今回はそこまでの罰則はなさそうです。

スポンサードリンク

比嘉大吾 王座剥奪!今後はどうなるのか?

セコンドの具志堅用高は、「今後は比嘉大吾と話し合って決めたい」とのこと。
ただ、最終的には15日朝に再計量を行い、決定するとした。

再計量がクリアすれば、試合が実施されそうです。

ただ、比嘉大吾が勝利しても王座は空白のままなので、ちょっと寂しいですね。。

比嘉大吾 王座剥奪!ネットの反応は?

比嘉大吾 王座剥奪を受けて、ネットの反応を集めてみました。

まとめ

いかがでしたか?
比嘉大吾 王座剥奪について、罰則や今後について消化しました。

元々、減量苦について報道されていたので、よほど大変だったんでしょう。

Pocket
LINEで送る