アニメ「クレヨンしんちゃん」のしんのすけの声優の矢島晶子が声優を降板することになり、降板理由は病気なのではないか?と憶測が広がっています。

突然の降板発表のため、次は誰が担当するかも気になるところ。

そこで今回は、
・クレヨンしんちゃんの声優の矢島晶子の降板理由は病気?
・クレヨンしんちゃんの声優の矢島晶子の次は誰が担当?
・クレヨンしんちゃんの声優の矢島晶子の降板のネットの反応は?
について紹介します。

スポンサードリンク

クレヨンしんちゃんの声優の矢島晶子の降板理由は病気?

クレヨンしんちゃんの声優の矢島晶子の降板理由について調べてみました。

まず、降板理由に関する経緯は下記のとおりです。

 テレビ朝日系人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ役の声優、矢島晶子が29日放送を最後に降板することが1日、分かった。テレビ朝日が発表した。本人から「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」と申し入れがあったという。矢島は92年放送開始から26年3カ月、一度も変わらずしんのすけの声を演じ続けていた。

矢島は92年4月13日放送から26年3カ月、しんのすけの声を担当し続けた。矢島は同局を通じ「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です」とコメントを発表した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000063-dal-ent

降板のきっかけは、本人からの申し入れみたいですね。

降板理由は、「自然な表現が出来にくくなってしまった」ということです。

自然な表現が出来にくくなってしまったということは、本人の声質が変わってしまったためと考えられます。

もしかして病気が原因かと思い、調べてみましたが特に病気という訳ではないみたいです

年齢とともに声質は変わるものですから、放送開始日から1度も声優が変わることなく続けるのは相当難しいものです。

サザエさんやドラえもんといった長く続いているアニメも声優が変わっていますし。
ちなみに、クレヨンしんちゃんの放送開始は、1992年からです。

なので、26年間も同じ声優でやっているのは、本当にすごいと思います。

ちなみに、比較的同じ時期に放送が始まったアニメでまだ声が変わっていないのは、
「名探偵コナン」のコナン役の高山みなみさんです。

コナンは1996年にアニメがスタートしたので、22年間同じ声優でやっています。
20年以上も同じ役をするのはすごいですね。

スポンサードリンク

クレヨンしんちゃんの声優の矢島晶子の次は誰が担当?

クレヨンしんちゃんの声優の矢島晶子さんの次は誰が担当するのでしょうか?

現在調整中ということですので、まだ決まっていないようです。

あの独特の声や話し方をやるのは難しいですし、長年続くアニメの主役ですのでプレッシャーもあると思いますが、次回の人には頑張ってもらいたいですね。

ちなみに、管理人はクレヨンしんちゃんの映画は最近DVDで全て見終えるくらいクレヨンしんちゃんが好きですので、次回の声優はすごく楽しみにしています。

クレヨンしんちゃんの声優の矢島晶子の降板のネットの反応は?

クレヨンしんちゃんの声優の矢島晶子の降板を受け、ネットの反応を集めました。

体調不良や病気じゃないことで安心している人が見られました。

まとめ

いかがでしたか?

矢島晶子降板の理由や次が誰かについて紹介しました。

次回の担当者に期待ですね。

Pocket
LINEで送る