34646aa7293510dc8f7cf3b8ebd19f3e

「お中元」を頂いたら、お礼をするのがマナーですよね。
親しい友人同士では、電話やメール等で済ませることがあります。

ただし、電話やメールは「略式」であり、
「正式」にはビジネスの場合、「お礼状」を出すのが一般的です。

お中元のお礼状といっても、
どんな風に書けばいいのか?
また、手書きでも構わないのか?

意外とわからないものですよね。

そこで今回は、
「お中元のお礼状ビジネス用の書き方」をテーマに、
ビジネスにおけるお礼状の書き方や、
手書き、ハガキについて調べてみました!

スポンサードリンク

お中元のお礼状の書き方は?

お中元のお礼状は、全体の流れを理解しておくとスムーズです。

【お中元のお礼状の流れ】
1.頭語
2.時候の挨拶
3.お中元のお礼
4.健康状態を気遣う文
5.結語

以上が全体の流れですが、
正直「?」だと思いますので、
次に、例文と併せて紹介します♪

 

お中元のお礼状例文

お中元のお礼状

これだと大分わかりやすくなったんじゃないでしょうか?
ポイントを説明していきます♪

1.頭語
手紙の冒頭は頭語で始まります。
通常は拝啓で始まることが多いです。

2.時候の挨拶
頭語の後は、時候の挨拶が続きます。

3.お中元のお礼
挨拶の後に、お中元のお礼を書きます。

4.健康状態を気遣う文
お中元の後に、相手の健康状態や商売の発展について、
一言添えます。

5.結語
最後は結語で締めます。
拝啓で始まったら敬具で締めます。

スポンサードリンク

お中元のお礼状は手書きでもいいのか?

2013m400_top_390330

お中元のお礼状を手書きで書くことですが、
全く問題ありません。

むしろ、本来は便箋に手書きで書くのが正式なマナーです。

ただ、会社の場合送り先が多いことから、
ハガキに印刷して出しているのです。

なので、手間がかかりますが、
時間があるのであれば、手書きでお礼状を書いてみてください♪

手書きの場合も、
文章はハガキと同じで大丈夫です。

逆にお礼状を書くのが大変な場合、
日付のところだけ空白にしておけば、
翌年以降に使い回せるので便利です。

 

お中元のお礼状を出すときの注意点

お中元のお礼状を出すときは、
「すぐにお礼状を出す」ということに、
注意しましょう!

せっかく手書きで書いたとしても、
あまりに遅くにお礼状を出したら、
失礼に当たります。

お礼状は、お中元をもらった当日に
送るのが望ましいですが、
遅くとも一週間以内にはお礼状を出すようにしましょう!

 

まとめ

f504ea018652c0

いかがでしたか?

お中元のお礼状の書き方を、
例文付きで解説しました。

ハガキで出す場合や、
便箋で手書きで出す場合があります。

いづれの場合も、大切なのは、
お中元を貰ったらすぐにお礼状を出すということです。

基本的なところをを抑えて、
相手に感謝の気持ちを伝えてくださいね♪

以上、
「お中元のお礼状ビジネス用の書き方!手書きの場合は?」
でした。

Pocket
LINEで送る