f504ea018652c0

日頃の感謝の気持ちとして送る「お中元」

友人や親戚等の個人だけでなく、
会社の付き合いでお中元を送ることも多いんじゃないでしょうか。

お礼は、友人等は電話や、
メールで済ませられますが、
会社の場合、お中元をもらったら、
お返しをしないといけないんでしょうか?

また、その場合の金額や送る時期はいつがいいんでしょうか?

そこで今回は、
「お中元のお返しを会社にする場合、金額や時期は?」
をテーマに、
お中元のお返しが必要かどうか、
必要な場合、金額や時期について紹介します。

スポンサードリンク

お中元のお返しを会社にする必要はあるのか?

そもそもお中元は、
日頃お世話になった感謝の気持ちを
伝えるために贈るものなので、
お返しは基本的に必要ありません。

お返しは必要ありませんが、
頂いたお礼として、「お礼状」は必ず送りましょう。

冒頭で書いたように、親しい友人や親戚等は、
電話やメールでも大丈夫ですが、
対会社の場合は、お礼状は必ず必要です。

お礼状を出すタイミングは、
お中元を頂いたその日に出すのが望ましいです。
無理な場合は、遅くとも1週間以内に送るようにしましょう。

お中元の書き方については、
下記のリンクが参考になりますので、
参照してください♪

お中元のお礼状の書き方!手書きの場合は?

スポンサードリンク

お中元のお返しの金額は?

34646aa7293510dc8f7cf3b8ebd19f3e

お中元のお返しは必要ありませんと記載しましたが、
品物を贈って頂いた取引先との関係上、
お礼だけでなく、「どうしてもお返しがしたい」
という場合もあるんじゃないでしょうか?

最近は、一方的に貰っているだけではなく、
お互いに贈り合う場合も少なくありません。

「お返しは不要」とは言い切れない現状もあります。

その場合は、頂いた品物と同等の金額の品を、
お返しするようにしましょう。

金額の相場を間違えると、
かなり失礼にあたりますので注意が必要です。

頂いた品物よりも、
敢えて高額な金額の商品をお返しした場合、
「次回からはお中元を贈っていただくて結構です」
というメッセージがあります。

 

お中元のお返しの時期は?

お返しの時期は、関東の場合、
7月15日を過ぎた辺りに、
「暑中御見舞」としてお返しします。

関西の場合は、
お中元の時期が関東より遅くなりますので、
8月16日以降に「残暑御見舞」として、
お返しするようにしましょう。

表書きは時期によって使い分けることが大切です。

お中元のお返しの品物とのしは?

97ab1a7c5cb5d195075394da676b2f761

お中元で使う「のし紙」は、
紅白の花結びを使います。

表書きは、時期やエリアによって、
「暑中御見舞」や「残暑御見舞」
に使い分けましょう。

品物は、和菓子や洋菓子など、
みんなで分け合えるものが無難です。

まとめ

7c0e379b0ce098132a5f40d8009d45b5-300x200

いかがでしたか?
お中元のお返しの時期や金額、
品物等について紹介しました。

何度も説明しましたが、
基本的にお中元にお返しは不要です。

どうしてもお返しが必要な場合、
上記のマナーを守って、
お返ししてくださいね♪

以上、
お中元のお返しを会社に!金額や時期は?
でした。

Pocket
LINEで送る