f504ea018652c0

日頃お世話になった人に、
感謝の気持ちとして贈る「お中元」「お歳暮」

お世話になった人といっても、
誰に贈ればいいのか
意外と悩む人も多いんじゃないでしょうか?

さらに、お中元やお歳暮の意味や起源、
違いもそもそもよくわかってないし、
今更人に聞きにくいし、、、

という方の為に!

今回は、
「お中元とお歳暮は誰に贈るのか?違いは?」
をテーマに、

・そもそもお中元とお歳暮の違いは?
・誰に贈ればいいの?
・どんなものを贈ればいいの?

といった疑問を解決します。

スポンサードリンク

お中元、お歳暮とは?

そもそもお中元とお歳暮って何なんでしょうか?
調べてみました。

その結果、どちらも同じ、
「日頃お世話になっている人への感謝を込めて贈るもの」
ですが、意味合いが少し異なります。

お中元は、
関東は7月1〜15日、
関西は7月15〜8月15日
の夏の暑さが厳しい時期に贈ります。

昔は夏の暑さで命を落とす人も多く、
日頃の感謝だけではなく、
相手の体調を労わる、息災の意味合いが強いものでした。

お歳暮は、
関東は12月1〜31日
関西は12月13〜31日
の年末に贈ります。

1年の締めくくりとして、
最大限の感謝を込めると同時に、
来年も宜しくお願いします
という気持ちも込められています。

よって、1年の締めくくりという点からも、
お中元よりもお歳暮の方が、
値段が高いものを贈る傾向があるようです。

 

お中元とお歳暮の起源は?

acd9e82e298b9a36d6581db1661222bd_s-300x198

ついでに、お中元とお歳暮の起源について調べたところ、
中国に起源があるようです。

元々、古代中国では、1月15日、7月15日、10月15日を、
「上元、中元、下元」と呼び、
3つ合わせて「三元」と呼んでいました。

上元の月には天官を、
中元の月には地官を、
下元の月には水官を奉り(まつり)、
その時期が来ると色々な祭りをしていたそうです。

日本には7月15日中元だけが伝わり、
「盂蘭盆会」(お盆)と混じり合い、
仏様に供えるお供物を親戚等に贈る
慣習が出来たようです。

お歳暮について、昔は年末=歳暮という意味でした。
年末には、1年間お世話になった方々に、
お供え物が贈られており、
この行いを「歳暮廻り」と呼んでいました。

やがて、その贈答品自体を「歳暮」
呼ぶようになり、現在のかたちとなっています。
当時は日持ちする食品を贈るのが一般的だったようです。

スポンサードリンク

お中元とお歳暮は誰に贈るべき?範囲は?

34646aa7293510dc8f7cf3b8ebd19f3e

お中元やお歳暮は「お世話になった人」に贈るものです。

具体的には、
・両親
・義両親
・取引先
・上司
・恩師
etcです。

「一度贈った相手には、毎年贈らないと失礼に当たる」ので、
毎年贈る人にのみ贈るようにしましょう。

ちなみに、学校の先生等、
公務員への贈与は一切禁止です!

なので、学校の先生には、
お中元やお歳暮は贈ってはいけませんので注意して下さい!

どんなものを贈ればいいのか?値段は?

御歳暮3

お中元やお歳暮は、
「日頃お世話になった人に感謝の気持ちを伝えるもの」
なので、お世話になった度合いや、
立場によって、金額が異なります。

例えば、家族であれば、
3,000円〜4,000円程度。

会社の上司であれば、
5,000円〜6,000円程度。

どれだけ高くても、
10,000円までにしましょう。
もらう側にとっても負担になりますしね^^;

もし、お中元、お歳暮両方を贈るのであれば、
1年の締めくくりということもあり、
お歳暮の方が金額は高いものを贈ります。

贈る品について、
お中元は夏なので、涼しさを感じられるものが喜ばれます。
飲み物や果物、ゼリー等がオススメ♪

お歳暮は、ハム・肉や海鮮、油や調味料の詰め合わせ
お酒を飲む方ならお酒等がオススメです♪

逆に、これは絶対に贈ってはいけないというものもあります。

1.靴・草履などの履物
相手を踏みつけているという意味に捉えかねません。

2.包丁などの刃物
相手との縁を切るという意味に捉えられます。

3.ネクタイなどの仕事関係のもの
これは意外と選びがちですが、
「きちんと仕事をしなさい」という意味合いが含まれています。
上司に贈るのはもってのほかです。

受け取り側に失礼に当たらないように、
しっかり吟味したいですね!

まとめ

600x362x5-9-1-e1447419279264.jpg.pagespeed.ic.qR2b8_FLmv

いかがでしたか?
お中元とお歳暮の違いや、贈る品について紹介しました。

説明した内容を下記にまとめます。

◆お中元
時期:7月1〜15日(関東)、7月15〜8月15日(関西)
贈る相手:両親、義両親、取引先、上司、恩師等(※公務員は禁止)
贈る品:涼しさを感じるもの(飲み物やゼリーなど)
予算:3,000円〜4,000(家族)、5,000〜6,000円(上司等)

◆お歳暮
時期:12月1〜31日(関東)、12月13〜31日(関西)
贈る相手:お中元と同じ
贈る品:ハム・肉や海鮮、油や調味料の詰め合わせ、お酒等
予算:お中元と同等、両方贈る場合はお中元より高いもの(上限は10,000円まで)

お中元やお歳暮は毎年贈るものなので、
1回だけ贈るのは失礼に当たりますので、
贈る相手はよく考えて決める方がいですね^^

以上、
お中元お歳暮は誰に?意味や違いは?
でした。

Pocket
LINEで送る