c0119160_17542740

6月といえばあじさいですよね。
中でも神戸のあじさいは、
西日本でも有数のあじさい園で、
多くの観光客で賑わっています。

そんなあじさいの名所や、
アクセスは何なんでしょうか?

調べてみました。

スポンサードリンク

神戸のあじさい名所とは?

神戸のあじさいの名所の1つに、
神戸市立森林植物園があります。

神戸市立森林植物園で育てられいる、
株数はなんと約5万株!!
西日本有数のあじさい園です。

あじさいの品種は、
六甲山に自生している、
ツルアジサイ・コアジサイ。

他には、シチダンカなどの、
ヤマアジサイの仲間や、
ヒメアジサイ、ガクアジサイ、
セイヨウアジサイ、タマアジサイと、
さまざまなあじさいが、
次々に見頃を迎えます。

また、神戸市立森林植物園は、
あじさいの販売もしています。

森の中のあじさい散策期間中は、
・休園日なし毎日開園
・毎朝8時に開園
・土日は18時まで延長開園
(入園は17時30分まで)
・ゆかたのお客様はペアで入園料が無料!
といった、期間限定のサービスがあります。

また、土日は案内スタッフが、
見ごろのあじさいを、
約一時間でご案内する
「あじさいの園内散策会」を開催しています。

他には、自然観察会、探鳥会、
コンサートなどイベントも多数開催します。

スポンサードリンク

神戸市立森林植物園のアクセスは?

tumblr_m6iv5hYd511r4dmv1o1_1280

ここで、神戸市立森林植物園の、
アクセス方法について紹介します。

◆開園時間
9:00~17:00(入園は16:30まで)

◆休園日
定休日:水曜日
年末年始:12月29日~1月3日

◆入園料
大人(高校生以上):300円
小人(小・中学生):150円

<電車・バスでのアクセス>
北鈴蘭台駅から無料送迎バスが出ています。
三宮駅から路線バス(神戸市バス)が出ています。

駐車料金
乗用車:500円(1日)
バス:2,000円(1日)
収容台数:700台

まとめ

いかがでしたか?

神戸市のあじさいの名所、
「神戸市立森林植物園」について、
紹介しました。

梅雨の神戸はアジサイが見頃ですので、
梅雨も神戸で楽しくすごしませんか?

以上、
神戸あじさいの名所!アクセスは?
でした。

Pocket
LINEで送る