初盆 画像初盆をご存知ですか?

毎年迎えるお盆。
ただ、場合によっては、
初盆となり、法要やお布施が必要となります。

そこで今回は、
「初盆とはいつ?法要の時期とお布施の相場は?」
をテーマに、

・初盆とはそもそも何なのか?
・時期や何をするものなのか?

について紹介します。

スポンサードリンク

初盆とは何なのか?

初盆とは故人が亡くなった後、
49日法要を終え、
初めて迎えるお盆のことです。

お盆の意味とは、亡くなった方が、
この世へ戻ってくるとされています。

初盆の場合、故人が亡くなった後、
初めての里帰りということで、
丁寧にお迎えします。

初盆を迎える家では、
遺族・親族以外にも、
知人・友人といった故人に、
所縁のある人々をお招きし、
法要を行うのが一般的となっています。

ちなみに、
初盆と新盆(にいぼん)は同じ意味ですが、
「あらぼん」「しんぼん」といった、
読み方をする地域もあります。

初盆 画像2

初盆はいつ?いつからいつまで?

お盆の時期は地域によって異なりますが、
8月13日から16日までの4日間
あるいは7月13日から16日までの4日間です。

前者は新暦、後者は旧暦によるものだそうです。

故人が亡くなり、
49日の法要を終えずに、
お盆を迎える場合は、
その翌年が初盆となります。

場合によっては、
49日法要を終えてすぐ初盆を迎えるケースも。

 

初盆の法要は宗派によって異なるのか?

お盆 お経 画像

地方や宗派、
慣習などによって、
初盆のしきたりややり方は様々です。

13日に迎え火を焚き、
故人の霊が迷わずに、
戻ってこれるようにお迎えします。

そしてお墓の掃除をしたり、
お墓参りをします。

さらには精霊棚(しょうりょうだな)や、
盆提灯などを飾るのが一般的です。

精霊棚の上には、
ナスとキュウリを用いた、
精霊馬を用意します。
玄関先や門に置く地域もあります。

精霊馬は、故人の乗り物として

キュウリ:馬
足の速い馬に乗り一刻も早くあの世から帰ってこられるように
ナス:牛
足の遅い牛に乗りゆっくりあの世に帰れるように

といった思いが込められています。

初盆 なす きゅうり 画像

ちなみに、
浄土真宗に関しては精霊棚や盆提灯、
精霊馬といった盆の飾り付けは一切行わないそうです。

地域によっては、
上記に加えて「精霊流し」
「灯篭流し」を行うところもあります。

スポンサードリンク

お布施の相場は?

初盆を迎える場合、
僧侶を呼び読経してもらいます。

そこでお渡しするお布施の相場ですが、
家や宗派、地域によって、
異なりますが1~3万円が相場となっています。

また、家に来てもらう場合には、
お車代として5000円から10000円
法要後の食事を辞退された場合には、
御膳料として5000円から20000円を、
お渡しする地域もあるそう。

お布施の表書きの書き方は?

お布施の封筒は白いものとし、
薄墨ではなく普通の墨で書きます。

表面は「御布施」と書くか、
無記入のままでも大丈夫です。
裏に施主の名前や住所を忘れずに記入しましょう。

お布施 表書き 書き方

お布施の渡し方としては、
直接手渡ししてはいけません。

お盆に載せるか、
袱紗(ふくさ)に包んで、
お渡しするようにします。

この時期はお坊さんも忙しいので、
早めに連絡するようにし、
出来れば1ヶ月前には、
法要の予約をお願いしたほうがいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

初盆とは何なのか?
いつからで、何をするのか?
について紹介しました。

前もって準備が必要なのは、
お坊さんに読経の予約をすることなので、
7月中には予約をしておきましょう。

その後、お布施等の準備をすれば、
スムーズに準備ができると思います。

以上、
初盆とはいつ?法要の時期とお布施の相場は?
でした。

Pocket
LINEで送る