お盆玉 ポチ袋
毎年、お盆の時期になると、
実家に帰省しますよね。

お盆は、親戚が集まり、
甥っ子や姪っ子、
孫と遊んだりすることも多いと思います。

近年は、お年玉ならぬ「お盆玉」が密かに、
ブームになっているのをご存知でしょうか?

「ぽち袋」という、
お年玉袋のような袋もコンビニなどで、
売っているようです。

そこで今回は、
・そもそもお盆玉とは何なのか?
・起源や相場はどうなのか?
・ぽち袋とは?
について紹介します。

スポンサードリンク

そもそもお盆玉とは何なのか?

お盆玉とは夏休みやお盆にあげる、
お年玉のことです。

田舎に帰省した子どもや孫、
親戚の子どもにお小遣いをあげるという、
新たな文化を広げることが目的です。

2010年紙製品メーカーマルアイより、
夏の絵柄を用いたポチ袋を、
販売したことから始まりました。

ちなみにこのマルアイは、
「お盆玉」で商標登録も行なっているそうです。

2014年7月14日からは、
全国の郵便局でお盆玉用の、
ポチ袋の販売がスタート。
お盆玉は一気に全国に知れ渡りました。

 

お盆玉の発祥、起源は?

企業の営業戦略かと思いきや、
お盆玉の起源は江戸時代に遡ります。

実は、東北の山形県の一部地域に、
存在した「お盆小遣い」という風習がルーツ。

夏に里帰りする奉公人へ、
日頃の労をねぎらい、
衣類や下駄を渡したのが始まりとされています。

ちなみに現在のように、
お小遣いを渡す形になったのは昭和初期頃のようです。

スポンサードリンク

 

お盆玉の相場は?

お盆玉に特に相場はありませんが、
お年玉と同等かそれよりも少し少ない程度が一般的です。

目安としては、
小学生 1000~3000円
中学生 3000~5000円
高校生 5000~10000円
程度が妥当ではないでしょうか。

家庭によっても異なると思いますので、
あげる場合、親戚同士で、
金額を相談していくらにするか、
決めておくのも良いでしょう。

お盆玉自体、まだまだ浸透中の、
文化であると思いますので、
必ずあげなければいけない、
ということでは決してありません。

 

お盆玉のポチ袋とは?

お盆玉用のポチ袋は全国の郵便局を始め、
百貨店ショッピングモールで、
購入することができます。

夏ならではの涼しげなデザインや、
お盆玉と記載のあるもの、
夏を感じさせるイラストが、
描かれたものなど数多く販売されています。

ポチ袋 画像

最近ではコンビニやスーパーで、
取り扱っている場合もあるそうです。

今年2016年も全国の郵便局では、
6月1日より、お盆玉袋が発売されています。

今年はキャラクターやイラストを用いた、
夏らしいデザインのポチ袋が、
6種類販売れているそうなので、
チェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

お盆玉とは何なのか、
起源や相場、ポチ袋について紹介しました。

今年のお盆は、
是非お盆玉を渡してみては、
いかがでしょうか。

以上、
お盆玉とは?起源や相場は?ポチ袋も紹介!
でした。

Pocket
LINEで送る