ソフトクリームの日 画像

毎年、7月3日はソフトクリームの日です。
ソフトクリームの日に、
イベントなんかも開催されているのですが、
知らない方も多いんじゃないでしょうか?

そもそも、ソフトクリームの日って一体何なの?
という方もいると思います。

そこで今回は、
・ソフトクリームの日とはそもそも何なのか?
・ソフトクリームの日の由来や意味はなんなのか?
・どんなイベントをやっているのか?

について調べました。

スポンサードリンク

ソフトクリームの日の由来とは?

日本ソフトクリーム協会1990年に制定しました。

1951年7月3日に明治神宮外苑で、
開催された進駐軍によるカーニバルの模擬店で、
訪れた日本人が初めてコーンスタイルの、
ソフトクリームを口にしたことにちなみ定められました。

同年9月には百貨店で本格的に販売が始まり、
日本にソフトクリームが浸透するようになりました。

ソフトクリームの由来

ソフトクリーム 食べる

ソフトクリームの誕生には、
アイスクリームの起源を知る必要があります。

その歴史は紀元前2000年後まで遡ります。
中国の家畜の乳搾りがその始まりとされています。

当時貴重な飲み物であったミルクを、
長い時間煮て、雪で冷却することで、
柔らかい糊状にしたそうです。

実際にはアイスクリームというよりは、
現在のシャーベットに近いものであったようです。

その後、マルコポーロが、
イタリアにアイスクリームを伝え、
ヨーロッパにも氷菓の製法が広まりました。

現在のアイスクリームの、
原形が誕生するのは1686年。

イタリアの菓子職人によって、
生みだされたとされています。

初期のアイスクリームは、
高級品でなかなか手の届きにくい
ものではありました。

しかしその後、1846年には、
アメリカで主婦が、
「手回し式アイクスクリームフリーザー」を発明したり、
1931年にはアイスマシーンと、
フリーザーを1つの機械にしたマシンを発明し、
現在のソフトクリームが誕生しました。

そして1951年には、
日本に初めてソフトクリームがやってきます。

その後1954年から1956年にかけて第一次ブーム、
1970年に第2次ブーム、
96年には第3次ブームが訪れ、
ソフトクリームは日本人に広く浸透していきました。

スポンサードリンク

ソフトクリームの日のイベントは?

残念ながらソフトクリームの日を、
記念したイベントはあまり行われていないようです。

アイスクリームの日をお祝いするイベントは、
様々ありますが、ソフトクリームは、
販売してる店舗が少ないかからか、
今のところ大きなイベントは催されていないのが現実です。

ですが、日本ソフトクリーム協議会が、
毎年ソフトクリームの日を記念して、
ソフトクリームを題材にした写真コンテストを開催しています。

今年で12回目を迎えるこのコンテスト、
2016年は5月1日から9月30日まで開催しています。

今年は「微笑みいっしょに」というテーマで、
特別賞には5万円の商品券など、
豪華賞品が贈呈されるそうです。

また、協議会のホームページには、
過去の優秀作品も掲載されています。

ソフトクリームと一緒に、
たくさんの素敵な写真が掲載されているので、
気になる方は是非一度ご覧になってはいかがでしょうか。

ソフトクリーム 食べる 画像

まとめ

いかがでしたか?
ソフトクリームの日がどんなものなのかについて、
紹介しました。

何十年も前から、
ソフトクリームの日はあったんですね。

イベントが少なくて残念ですが、
一度ご覧になってみてください。

以上、
ソフトクリームの日とは?由来や意味は?イベントも紹介!
でした。

Pocket
LINEで送る