N912_ba-beQ_TP_V

春から夏にかけてBBQのシーズンですよね。
家族や友人とBBQをされる方も多いんじゃないでしょうか?

 

大抵は、役割分担を決めて、
買い出しや下ごしらえなどを、
分担されることが多いとおもいます。

 

ただ、野菜の切り方について、
「どうやって切ったらいいんだろう?」
と思われる方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、
「BBQでの野菜の切り方」をテーマに、
BBQで使われる代表的な野菜について、
切り方や、下ごしらえの際の注意点を紹介します。

スポンサードリンク

BBQでの野菜の切り方<玉ねぎ編>

BBQでの玉ねぎの食べ方は、
そのまま焼いて食べるか、
焼きそばに入れるか、
のどちらかが多いです。

 

食べ方によって切り方も変わるので、
両方について解説します。

 

そのまま焼いて食べる場合

焼いて食べる場合、
爪楊枝や串をさして焼くことが多いです。

 

切る段階で、爪楊枝を刺すので、
順番に説明します。

<切り方>

① 皮をむいて、半分に切ります。
その時にヘタもとります。

② ヘタをとった方を横にして、
まな板の上に置き、7mm〜1cm程度の
間隔を空けて、爪楊枝を刺していきます。

③ 爪楊枝の間を切り、半月状の形にします。

 

出来上がりは、写真のようになります。

afb5c84ba316f4e35a89872c33c530ec

 

焼きそばに入れる場合

焼きそばに入れる場合は、
薄切りにします。
切った玉ねぎはジップロックに入れて、
持っていきましょう!

 

BBQでの野菜の切り方<にんじん編>

にんじんはピーラーで皮をむいて、
輪切りにします。

出来上がりは写真のようになります。

316e2c1b

にんじんは固いので、
事前に下準備が必要です。

 

輪切りにしたら、
電子レンジで軽くチンして
熱を加えておきます。

そうすると、
焼いた時に火が通りやすくなります。

 

レンジでチンする時は、
そのままやるとカピカピになるので、
水を入れたコップと一緒にチンしてください。

スポンサードリンク

BBQでの野菜の切り方<キャベツ編>

キャベツはそのまま焼いて食べる場合も、
焼きそばに入れる場合も、同じ切り方です。

では、切り方について説明します。

<切り方>

① 一玉丸々の芯の部分に、
バツの切り込みを入れ、
水に1時間ほど浸けておきます。

② 水気を切り、芯を下にして、
半分に切ります。

③ 切った断面を下にして、
さらに半分に切ります。

④ 芯の部分を切り落とし、
2〜3cm縦に切ります。

⑤ キャベツの向きを横にして、
3等分ほどの大きさに切っていきます。

 

写真のようなイメージです。

20150209103224b3c

 

キャベツは空気に触れると、
黒く変色してしまうので、
切ったキャベツは、水に1時間程浸けておきましょう。

 

浸け終わったキャベツは、水を切り、
ジップロックに入れておきましょう。

 

キャベツは網焼きだと、
網の隙間から下に落ちるので、
鉄板で焼くことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?
BBQで使う代表的な野菜の切り方について、
紹介しました。

野菜によって、火が通りやすいものや、
通りにくいものがあるので、
事前の下準備が必要になってくるものがあります。

 

是非楽しいBBQにしてくださいね♪

以上、
BBQでの野菜の切り方は?<玉ねぎ・にんじん・キャベツ>
でした。

Pocket
LINEで送る