熱中症が心配な季節ですね。
予防には適切な水分補給が欠かせません。

水分補給を目的にすると飲み物はお茶や水などではなく、
スポーツドリンク経口補水液麦茶を飲んだ方が良いと言われています。

でも、毎日スポーツドリンクなどを買うのも大変ですし、糖分も気になります。
それに味に飽きてしまうこともありますよね。
そんなとき、お家にあるもので手軽に熱中症予防に良い飲み物を作れたらいいと思いませんか?

今回は簡単に作れる熱中症予防の飲み物と、
昔から熱中症予防に良いと言われている麦茶についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

熱中症予防に良い飲み物の作り方

熱中症予防に良い飲み物は意外と簡単に作れます。
簡単な熱中症予防ドリンクの作り方をご紹介します。

基本の経口補水液の作り方

経口補水液は実はお家にあるもので簡単に作れるんです!
基本の経口補水液の分量は下の通りです。

水・・・・1ℓ
塩・・・・3g(小さじ1/2)
砂糖・・・40g(大さじ4)

これを全て混ぜるだけで経口補水液はできてしまいます。
作るときに使うお塩やお砂糖は精製塩や上白糖でも良いのですが、
ミネラルを含む天然塩、お砂糖もキビ砂糖甜菜糖などの白くないお砂糖を使うことをお薦めします♪

お砂糖を沢山使うのが気になると言う方は、
お砂糖の代わりにハチミツを使ってみてください。
ハチミツを使う場合はお砂糖の半分の量(1ℓに大さじ2)を入れてください。

ハチミツの方がお砂糖よりもカロリーが低く、水分の吸収率も良くなりますのでお薦めです♪

色々な味で作って毎日飽きずに熱中症予防!

一番簡単なアレンジは基本のレシピにレモン汁を加えることです。
レモン汁は生のものでなくても構いません。
ポッカレモンのような瓶に入った果汁で充分です。

他にも酎ハイ用として売られている瓶入り果汁のライムや、
グレープフルーツを加えても美味しいですよ♪

加えるときは、1ℓに大さじ1~2杯以上を基準にお好みで加減してみてください。
柑橘系の果汁を加えた方が、飲み口も爽やかになり飲みやすくなります。

果汁以外にも、ブルーベリー味リンゴ味の飲む黒酢を加えても美味しいですよ。
飲む黒酢を加える場合は、小さじ4杯以上を基準にお好みに合わせて加減してくさい。

果汁も黒酢も疲労回復成分のクエン酸が含まれているので、
基本の経口補水液に加えることで、暑さで疲れている身体に嬉しい飲み物になります。

スポンサードリンク

熱中症予防に麦茶って本当に役立つ?

昔から夏は麦茶とよく聞きますが、麦茶の何が夏に良いのでしょうね。
テレビCMでも言っていますが、麦茶は緑茶や紅茶と違い、
ノンカフェインミネラルが含まれているのが特徴です。

汗をかくと失われてしまうミネラルを補給できると言う訳です。

麦茶のいいところはミネラルだけではありません。
麦茶には身体を冷やす作用もあるんです。
暑くて体温も高くなりがちな今の季節には嬉しい作用ですね。

甘いものが苦手な方は経口補水液などの代わりに麦茶をお薦めしたいのですが、
麦茶だけでは塩分が少し足りないのです。

水分補給に麦茶を飲む場合は、コップ1杯の麦茶にお塩を一つまみくらい加えると、
麦茶だけでは足りない塩分を摂ることができます。

塩入り麦茶の味がイマイチと感じる方は、
熱中症予防として売られている塩飴を一緒に摂れば、
手軽に問題解決です。

私も甘い飲み物が苦手なので麦茶を愛飲していますが、
汗を沢山かいたときは塩分が足りないと感じることがあります。

そんなときは食事のときに梅干しを取り入れ、塩分とクエン酸を摂るようにしています。
甘い飲み物に飽きたときは是非、麦茶を飲んで熱中症予防に役立ててください。

まとめ

経口補水液が簡単に作れるのは有難いですよね。
手作りだから味の変化も楽しめますし、
それに買うより安くて、無添加だから身体にも安心です。

これから夏の飲み物の定番は、手作り経口補水液にしてみてはいかがですか?
お薦めです!

以上、
熱中症予防の飲み物!手作りで簡単!麦茶はいいのか?
でした。

Pocket
LINEで送る