ボールペンインクが服についてしまって困ったことはありませんか?
水性油性もボールペンのインクはとても取れにくく厄介ですよね。
ですが、家庭でも出来る染み抜きの方法があるんです。

あきらめるのはまだ早い!
難しい方法では無いのでぜひ家で試してみてくださいね。
今回は、家庭で出来る染み抜きのいろいろな方法を紹介します。
合った方法を見つけてくださいね♪

スポンサードリンク

要注意!染み抜きをする前に

染み抜きをする前に必ずすることがあります。
服の素材染めによってはできないことがあるため、
必ず色落ちのテストを行ってください。
色落ちテストの方法は次の通りです。

白い色のタオルに水をつけて、
染み抜きした衣服の目立たないところに押し付けます。
もし色が落ちるようなら家での染み抜きは辞めてクリーニング店へもっていきましょう。

家庭で出来るボールペンの油性インクの染み抜き1?

ボールペンの油性インクは油なので、
薬局でエタノールを購入して使用します。

1.エタノール台所用洗剤同量で混ぜます。
※このときアルコール度数の高い消毒用エタノールがオススメです。

2.シミの部分を下に向けてタオルの上に置きます。

3.ボールペンのシミの裏側から、エタノールと台所用洗剤を同量に混ぜたものをかけます。

4.いらなくなった歯ブラシなどでトントンと上からたたき(シミをタオルに写すイメージです)、シミが取れたら軽く水洗いをして、服に合った洗剤で洗濯をする。

シミになって早目に行うことが効果的です。
一度乾燥や、洗濯した後だと落ちにくいので注意が必要です。

スポンサードリンク

家庭で出来るボールペンの油性インクの染み抜き2?

油性ボールペンの染み抜き方法もう1つあります

女性が化粧を落とすときに使うクレンジングを使って落とす方法もあります。
この場合クレンジングに台所で使う洗剤混ぜて使うのがコツです。

この2つを混ぜたものをシミが付いた部分の裏側から塗って、
トントンと叩くようにたたくと汚れを浮き出すことができます。

生地の裏側にタオルなど汚れや水分を吸収するものを置いておきましょう。
一度では取れきれないので何度も繰り返します。

水性インクの染み抜きの場合は?

水性インクは落とし方が違います。
インクの付いた部分に台所用洗剤
または固形洗剤を付けてつまみ洗いをする。

ある程度取れたら水で洗い流し、また石鹸を付けてつまみ洗いをする。
取れるまで数回繰り返す。

シミは時間がたつにつれ落ちにくくなるので、気が付いたら早く落とすようにしましょう。

水性ボールペンのシミ抜きその2

水性ボールペンの染み抜きの方法をもう1つ紹介します。

1.酸素系漂白剤を用意します。
2.40度程度のお湯を用意
3.漂白剤に書いてある分量でお湯に漂白剤を入れます

この方法は効き目抜群です!
確認方法は漂白剤に書いてある使用できる生地、
使用できない生地についてしっかり確認をしましょう。

濃度が濃すぎると生地に負担をかけてしまって、
生地が薄くなる場合や、生地に穴が開いてしまう可能性があります。
濃度には十分気を付けましょう

家庭で洗濯できない素材、大切な服についても家でしてしまって、
服自体が悪くなってしまってはいけないので必ずクリーニング店に相談をしてください。

ゲルのボールペンの場合はクリーニング店へ

ゲルボールペンのインクが付いてしまった場合、
家で落とすことが困難です。

なので、クリーニング店へもっていき落としてもらいましょう。
無理に家でしてしまって生地に負担をかけてしまっては大変です。

まとめ

いかがでしょうか?
このように、頑固だと思われがちなボールペンのシミでも、
それほどお金もかけないで身近な物を使って、
手間もかけないで染み抜きができます。

落とすための材料も身近にあるものでいけますし、
少しの手間で大きな効果が得られますよ!
ぜひ試してみてくださいね。

以上、
家庭で出来る染み抜き!ボールペンのインクや油性は?
でした。

Pocket
LINEで送る