七五三 お祝い金 祖父母

子供たちの健やかな成長をお祝いする七五三
甥、姪にお祝いをしてあげようと思っている人も多いんじゃないでしょうか?

でも、「いったいいくら包めばいいの?」
相場が分からず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

七五三でもらうお祝い金の相場はいったいどのくらいなのでしょうか。
また、金額だけではなく送る時期や送り方についても見ていきましょう。

スポンサードリンク

七五三のお祝い金の相場は?

七五三のお祝い金について、
祖父母や親戚、知り合いから渡す場合の相場を紹介します。

祖父母が七五三のお祝いをする場合

もちろん、祖父母からと甥や姪にあげる場合では相場は違っています。
また七五三は身内でするお祝いのため、
身内、またごく親しい人のみになります。

地域によっても渡す額の平均には違いがあるようですし、
親類との兼ね合いもあるので、
可能であれば親戚で話し合って、
額を合わせるのも1つの方法です。

最近では、写真代などに充てるために、
お祝いをお金を包んで渡すことが多いようです。

自分の孫の七五三には、
1万~数万のお祝いを渡すことが多いようです。

祖父母からは現金のほか、
品物で送ることもあります。

また、写真代や、衣装代などを費用を負担することもあるようです。

親戚の場合

親戚のお子さんが七五三を迎えた場合は5千円~1万円が相場です。
親戚の場合は、高くても1万円程度になります。

親しい知り合いの場合

親しい知り合いのお子さんが七五三を迎えた場合は、
3千円~5千円が相場です。

特に血縁関係があるわけでもないので、
高くても5千円程度です。

スポンサードリンク

七五三のお祝い金を送るタイミングは?

親族で七五三を迎えた子がいると、
どのタイミングでどのように送ったらいいのかも悩みますよね。

七五三は11月15日ですが、
お祝いは10月中旬から11月15日までに送るのが望ましいです。

遅くても11月15日は過ぎないように気を付けましょう。
また、写真代を負担する場合などでは、
早く写真を撮りに行く場合があるので、
前もって声をかけておくといいですね。

着物をプレゼントする場合や、レンタル料を負担する場合も、
早めだとたくさんの中から選ぶことができるので早めが望ましいです。

普段から連絡を取って伝えておくといいですね。

のし袋

七五三のお祝いで使うのし袋は、
のしが付いた紅白のご祝儀袋を使ってください。

中に入れる金額に応じても、
いろいろと種類が出ているので、
金額に合わせて選ぶといいです。

最近ではカワイイのし袋も多く出回っていますので、
子供へのお祝いですからカワイイのし袋を選ぶのもいいですね。

ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の書き方はいくつかあります。
年齢に応じて使い分けてください。

全年齢共通
・七五三御祝
・祝七五三三歳の場合
・賀御髪置
・御髪置御祝五歳の場合
・賀御袴着
・御袴着御祝七歳の場合
・賀御帯解
・御帯解御祝

現金以外のプレゼントは?

お祝いは必ず現金でしないといけないものではありません。
そのため、現金以外にも七五三で使える、
小物などを送っても喜ばれます。

七五三当日にこだわらなくても、
その子供さんのことを思い浮かべながら、
喜びそうなプレゼントが好ましいですね。

例えば女の子なら、装飾品本、人形など。
男の子なら、フォーマルな靴、自転車
外遊びのおもちゃなどがいいかもしれません。

また共通して送れるプレゼントとして、
おもちゃやギフト券でのプレゼントもいいですね。

車が好き!電車がすき!ぬいぐるみが好き!
など好きな物がはっきりしている子だと、
プレゼントも選びやすいです。

七五三 プレゼント

七五三のお返しは何をすればいいの?

今度はもらった方として、お返しについて困ることがあります。
いったい何をお返しすればいいのでしょうか?

実は七五三のお祝いにはお返しはいりません。
ただ、もらいっぱなしが気になるようでしたら、
「内祝い」と言う形でお返しをすることをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?
七五三のお祝いは、現金や物で渡す場合や、
写真代などを負担する場合があることが分かりました。

それぞれで送る時期が異なるため、
見合った時期に渡すようにしましょう。

以上、
七五三のお祝い金!祖父母からや甥・姪への相場は?
でした。

Pocket
LINEで送る