身内に不幸があった時に出す喪中ハガキ
いつもすることではないため、
いつ出すのかや、どのような内容で送ればいいのか迷いますよね。

また、マナーについてしっかり把握したうえで、
出したいですね。

喪中ハガキを出す時期や、
49日がまだの場合どうすればいいのか、
一言添えてもいいのかなど、
喪中ハガキの気になることについてまとめました。

スポンサードリンク

喪中ハガキとは?意味や目的は?

喪中ハガキは正式には年賀欠礼の挨拶状と言います。
年賀状は新年をお祝いするため、
身内に不幸があった場合は出さないんですね。

身内に不幸があった場合、
お正月をお祝いしませんもんね。

ですが、黙って年賀状を出さなければ、
相手からしたら喪中だと言うことが分からないので、
喪中ハガキを出して相手に知らせておくのです。

喪中ハガキを出すのは、当年に身内に不幸があった場合です。

喪中ハガキはいつ出すの?

喪中ハガキは相手に、
「年賀状を出さないことを失礼します」
と言うことをお知らせします。

なので、直前ではなく、
早目に知らせておく必要があります。

では、いつ頃知らせばいいのでしょうか?

相手が年賀状の準備を始める前と予想される、
11月下旬~12月上旬にお知らせすることが必要です。

また、年末に不幸があった場合は、
喪中ハガキを出さず、年が明けてから寒中ハガキを送るといいでしょう。

スポンサードリンク

喪中ハガキに使うハガキはどこで買えるの?

喪中の時に使うハガキは全体に色が地味です。
郵便局でも2015年より、
喪中ハガキ用のハガキの販売が開始されました。

普通の官製ハガキのようですが、
切手部分(印刷)が紫色など全体に落ち着いた色合いです。

裏面は何も書かれていないので、
買ってきたら自分で印刷をする必要があります。

年の瀬で忙しく、自分で作る時間がないと言う人には、
年賀状のプリントサービスがあるように、
喪中ハガキにもプリントサービスがありますので、
そちらを利用してもいいですね。

あと、喪中用の裏面が印刷されているハガキも、
販売されていますので、
いろいろな方法から自分に合った方法を見つけるといいですね。

49日の前に喪中ハガキを出してもいいの?

49日が終わっていなくても、
喪中ハガキを出しても差し支えがありませんので、
相手が年賀状を用意する前に送りましょう。

また満中陰のハガキを出す相手については、
喪中ハガキを出さなくても分かるので出さなくて大丈夫です。

喪中ハガキには一言添えてもいいの?

喪中ハガキに一言添えることは、
マナー違反とする考えもあれば、
一言添えても大丈夫という考え方もあるようです。

もし、一言添えるにしても、
何を書いてもいいのではなく、
「身内に不幸があったため、悲しくて新年の挨拶は控えさせていただきます」
という意味がある喪中ハガキです。

なので、年賀状に書くような、
「ご結婚おめでとう!」
「来年もいっぱい遊ぼうね」
のような一言は辞めておきましょう。

一言添える場合には、相手を気遣う言葉を添えるのがいいでしょう。

一言添える場合、印字してもいいですし、
手書きをしても、どちらでも大丈夫です。

まとめ

喪中ハガキを出す必要がある場合、
相手が年賀状を用意するであろう時期より、
前に送っておきましょう。

49日が済んでいなくても出せますので、
その場合でも11月下旬から12月上旬には出しておきましょう。

一言添える場合には、カジュアルすぎず、
相手を気遣う言葉にしましょう。

普段しないことをすることは億劫になり勝ちですが、
相手のことを思い年賀状の準備をする前には、
送るようにするといいでしょう。

この基本を守れば細かなことは大丈夫ですので、
あまり考えこまず行動に移すといいですよ。

ご身内にお不幸があったばかりでお忙しい中とは思いますが、
喪中ハガキの出し忘れには気を付けて、
普段年賀状のやり取りをしている相手には送っておきましょう。

以上、
喪中ハガキはいつ出す?49日がまだや一言添えるはNG?
でした。

Pocket
LINEで送る