皆さんは「未満」という言葉をご存じでしょうか?

今回紹介させて頂くのは、
「未満の対義語」「以下との違い」について、
紹介させて頂こうと思います。

皆さんは日本語を間違って使っている場合があると思います。
是非今後使う言葉が間違っていないのか確認をしてください。

スポンサードリンク

未満の対義語は?

「未満」という言葉をご存じでしょうか?
未満という言葉についてですが「未だ満たず」という意味です。

数学で言うのであれば、
基準となる数字よりも少なく、
含まれない数字となっています。

例えば60歳未満であれば、
59歳以下というようになります。

また「以下」の対義語は「以上」となっており、
以下はその数字まで含んで尚且つ下の数字となっています。

また「以上」というのは、それよりも上、
何々を超えるといったような際に使われます。

また未満の対義語は「超過」です。
未満は上記でも紹介したように、
「未だ満たず」という意味を成しています。

それを満たさない数字で尚且つ、
それよりも下の数字と言う風に使われます。

また超過はその逆で、
その数字を含まない数で尚且つ、
それよりも上の数という風になります。

どういった所で「超過」という言葉は使われているか、
ご存じでしょうか?

それが下記の通りです。

・超過手荷物
・超過料金
・利益超過分配金

といった言葉に使われています。
また更に詳しく下記で紹介させて頂きます。

「超過手荷物」


超過手荷物というのは、
「空港」などで良く聞く言葉だと思います。

例えば空港で決められた手荷物の重さを超えていた場合は、
「超過手荷物」というようになります。

この場合は超過手荷物で超えた分の料金を支払う義務があります。

「超過料金」

出典:https://www.softbank.jp/biz/mobile/service_solution/service/4g/ryoukinbunseki/mail/

例えば上記でも紹介したような、
「超過手荷物」では超えた分を追加で支払わなければいけません。

またその事を「超過料金」と言います。

この「超過料金」という言葉に関してですが、
他にも「携帯」などの料金でも言われます。

使っている携帯の1ヵ月分の、
モバイルデータを超えた場合に「低速」になりますが、
携帯電話でかけ放題や一定の金額に達すると、
「超過料金」が発生しないという風になります。

つまり、超過という言葉はとても大切だということがわかります。

「利益超過分配金」

出典:http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=54183&mobile_preview=2&pno=2&more=1?site=nli

利益超過分配金とは、投資などの用語で使われる1つです。

またこの利益超過分配金というのは、
会社型投資信託で投資した投資主に対して、
通常支払わなければいけない金額とは別に、
超過した分のお金を配金して支払わなければいけないというのがあります。

スポンサードリンク

未満と以下の違いとは?

未満と以下の違いに関してですが、
上記で一度紹介させて頂いたように、
未満というのはその数字を含まない数で、
尚且つ下の数字という風になります。

逆に以下というのはその数字を含み、
尚且つ下の数字というようになります。

上記でも一度紹介した「未満」の対義語は「超過」とも言いましたが、
「以上」という言葉でも間違いではありません。

逆に以下の対義語は「以上」と言いましたが、
これも間違いではありません。

「以下」の対義語は明確に記されてはいないというようになっています。

例えばですが「飲酒」という事を用いると、
「20歳未満は飲酒してはいけない」という言葉をご存じだと思います。

これは20歳を含まない数字、
つまり19歳よりも下は飲んではいけないというようにります。

これが「20歳以下は飲んではいけない」となってしまうと、
逆に21歳以上しか飲んではいけず、
20歳よりも下は飲んではいけないというようになります。

これが「未満」と「以下」の違いとなりますので、
日本語を間違えないように使うようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

未満の対義語や以下との違いについて紹介しました。

普段よく使う言葉ですが、
たまにこんがらがることもあるんじゃないでしょうか?

使い分けはちゃんとしたいですね!

以上、
未満の対義語は?以下との違いは?
でした。

Pocket
LINEで送る