今回紹介させて頂くのは「焼き芋」についてです。

皆さんは「焼き芋」を自分で作ったことはありますか?
昔は外で作ることが多かったですが、
最近ではあまり見なくなりました。

そこで今回は焼き芋の作り方について、レンジでアルミを使って簡単に焼く方法を紹介させて頂きます。

是非ご覧ください。

スポンサードリンク

焼き芋を作る方法は沢山ある?

焼き芋を作る方法は「レンジ」以外にも沢山あります。

「オーブン」「フライパン」「グリル」「トースター」「炊飯器」です。
この中で一番簡単なのは「レンジ」です。
ここで「トースター」を例に挙げさせていただくと、
合計時間40分かかります。

また同様に「フライパン」「オーブン」なども40分から1時間かかります。
ただそれだと表面に焦げ目が付いたり、
偏ってしまって硬くなってしまう可能性もあるので、
気をつけなければいけません。

ただ「レンジ」であれば10分ほどで簡単に終わらせられるので、
下記ではレンジを使った美味しい焼き芋の作り方を紹介させて頂きます。

レンジを使って簡単に焼き芋を作る方法とは?

まず用意するものは「さつまいも」「新聞紙」
そして「アルミホイル」の3つです。

<作り方>

1.まずさつまいもを一度洗い、
その上から新聞紙を巻いてください。2.水で濡らして、電子レンジで加熱を行います。
この加熱はさつまいもに火を通すために行いますが、
「500w 2分」で問題ありません。3.次にアルミホイルを使います。
この時に「石焼き芋黒ホイル」という、
黒いアルミホイルがあるのであれば便利です。

4.電子レンジに入れてオーブン機能を使いますが、
「1000w 15分」加熱をしてください。

焼き終えたら完成となりますが、
火が通ってなければ更に時間を加えてください。

また黒いアルミホイルがない場合は、
火が通りにくいことが多いので、
同じ要領で「1000w」で20分から25分間
加熱を加えることで問題なく食べられると思います。

また黒いアルミホイルの場合は、
一番最初に新聞紙を巻いて2分間加熱しましたが、
この工程を必要としませんが、
より甘さが欲しい方は加熱しても問題ありません。

ですが、十分に甘いと感じたのであれば、
特別新聞紙で加熱する必要がありませんので、
焼き芋を作る時にお好みで決めてください。

スポンサードリンク

焼き芋をレンジを使って作る方法〜その2〜

更に時間を短縮させたい場合についてご紹介させて頂きます。

焼き芋をレンジで作る時に最適なさつまいもは「安納芋」です。
安納芋は特に甘い芋として有名で、
出来上がった時に甘さが引き立ちます。

<作り方>

1.まずは洗いますが、
皮も食べる人は念入りに洗うようにしてください。2.次に新聞紙に包んで「解凍 強」で、
1分30秒焼いてください。3.次に同じく「10分間」今やったように、
解凍を使って焼いてください。

たったこれだけで完成となりますが、
爪楊枝や箸を通した時に固いと感じたのであれば、
次はレンジで「600w 2分」加熱を加えるだけで問題ありません。

ではなぜ解凍を2度行ったのかというと、
1度目の解凍はデンプンを出させるための行程です。

そして2度目の解凍を行うと、
さつまいもに含まれている酵素が、
デンプンを分解させるので「麦芽糖」に変わり、
甘さを感じるということです。

また解凍を行う際に、
70度から75度が一番酵素が働く温度とも言われており、
70度から75度をながくもたせることによって、
更に甘みが出るということです。

では黒いアルミで、
これをすれば良いのではないかと思うかもしれませんが、
そうしてしまうと身崩れを起こしてしまい、
逆に失敗をしてしまうということもあるため、
普通のアルミでする必要があります。

是非一度試してはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

焼き芋ををレンジを使って焼く方法を紹介しました。
ぜひ一度作ってみてください。

以上、
美味しい焼き芋の作り方!レンジでアルミを使って簡単に!
でした。

Pocket
LINEで送る