皆さんは「焼き芋」を作ったことはありますか?

今回紹介させていただくのは、
焼き芋の作り方のトースターで作る場合の温度についてです。

皆さんが疑問に思っていることもあると思いますので、
是非美味しい焼き芋の作り方を紹介させて頂きますのでご覧ください。

スポンサードリンク

焼き芋をトースターで焼く時にアルミホイルは?

まず準備するものとして、アルミホイルが必要です。

その理由としては、石焼き芋で販売している場合は、
焼き芋をそのまま置いて焼いている場合がほとんとで、
アルミホイルを使っていることはほとんどありません。

しかし実際に家で作れるかというと、
そういうわけではなく時間を必要としてしまうため
アルミホイルは使う必要があるということです。

では下記でトースターを使った焼き芋の作り方を紹介させて頂きます。

トースターを使った焼き芋の作り方とは?

用意する物は以下の通りです。

・さつまいも
・アルミホイル
・キッチンペーパー

上記の3つのみで出来ますが、
キッチンペーパーは時間を短縮させたい方のみの使用で問題ないため、
最後に紹介をさせて頂きます。

<焼き芋をトースターでの作り方>

1.まずはさつまいもを取り出して洗ってください。

2.次にトースターの温度を「180度」に設定してください。
もし180度に出来ない場合や温度調節ができない場合は、
さつまいもを新聞紙で包み、さらにその上にアルミホイルを包んでください。
(180度に温度調節が出来るということなら、新聞紙は必要ありません。)

3.次にアルミホイルに包んださつまいもを、トースターの中にいれて、
両面焼く形にして片面ずつ20分焼いてください。

これだけで完成なので非常に簡単に作れますが、
さつまいもの大きさによって、
焼く時間や温度なども異なってきます。

そのため20分で焼けているか確認をするために、
箸を使って、さつまいもを刺してください。

これで簡単に刺さったのであれば問題ありませんが、
もし固いと感じたのであれば少し焼き直しをしてください。

キッチンペーパーを使えば、
時間を短縮させる事ができます。

キッチンペーパーに包んださつまいもを水で濡らして、
トースターに入れる前に電子レンジで「600w 2分」で焼いてください。

その後に15分間、180度焼いてください。
ただこの場合だと味が若干薄れてしまい、
甘さも無くなってしまいます。

スポンサードリンク

トースターが一番良い理由とは?

トースターが一番美味しくなる理由は、
「温めすぎない」為です。

さつまいもは「アミラーゼ」というのが含まれており、
デンプンが一番出る温度70度から75度となっています。

またデンプンを酵素が分解して「麦芽糖」になるため、
一番トースターが最適で時間的にも美味しくなるということです。

またトースターはレンジと違って、
温度を長時間保ってくれることもあり、
食べた時にはとても美味しく感じるということです。

黒いアルミホイルを使うことで更に美味しく?

アルミホイルには黒いアルミホイルがあります。
その正体としては「石焼き芋黒アルミホイル」です。

これはレンジでも使えますが、
実際にはトースター専用ということもあるため、
トースターで焼き芋を使うと良いということです。

こちらはさっき紹介したアルミホイルより多少は値段が高いのですが、
美味しさは倍増します。

ただトースターで石焼き芋黒アルミホイルを使うと、
熱が通りやすいため、電気代的にも安いのではないでしょうか。
是非一度黒アルミホイルを使ってください。

人気YouTuberも黒アルミホイルを紹介しています。(1:50頃〜)

 

まとめ

今回紹介させていただいた「トースター」を使った焼き芋ですが、
それ以外にも様々な焼き方はあります。

ただ一番良い方法が「トースター」なので、
是非一度「焼き芋」を作ってみては如何でしょうか?

以上、

焼き芋の作り方!トースターで作る場合の温度は?

でした。

Pocket
LINEで送る